2007年12月29日

来ちゃったんだけど?

今年は書き収めかと思っていたんですが、今日で会社終了、帰宅してみると・・・

アルバム来ちゃってるんだけど?(笑)
あれ、元旦発売ですよね?
Amazonで頼んでる人はみんな来てるんだろうか?

とりあえず、これから聞いてみよう。

アルバムのコメントは年明け、なんて思ってましたが、年内になるかもね!

とりあえず報告でした。
(^o^)丿
posted by taka at 00:14| Comment(12) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

もういくつ寝ると・・・

クリスマスも過ぎ、もういくつ寝るとお正月、という感じですね。
ランドマークタワーでの押尾さんクリスマスライブは、アリーナ席が当たらなかったので行けませんでした。

会社も明日で終わり、標準的なギタリーマンとしては、今回は9連休です。
ナイスですね!(^0^)/

さて、ギターを始めて2年4ヶ月が経とうとしていますが、今練習している"ある曲"と平行して、初めて押尾さん以外のギターに挑戦しようかと思います。
ある方が弾いていたのがきっかけですが…これまた発表は後日(^^)

年末年始は両方の実家に行くだけで終わりそうですが、練習時間が取れたらいいな、と。
そうそう、CPXの音もまだ披露してないし。

今年を振り返ると、ギターはあまり上手くなってないけど、転職もよかったし、何よりカノンが産まれてとても楽しい一年でした。
来年もいい年だといいな。

年内の更新は最後と思われます。
みなさま、よいお年を!
posted by taka at 12:51| Comment(4) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

CPX900参上!

参上しました、NEWギターCPX900
blue.jpg
ウルトラマリンです。
ウルトラマンじゃありませんよ!

このギター、いろんな意味で初モノでして、、、
 ・初エレアコ
 ・初カッタウェイ
 ・初国産
 ・初試奏
 ・初中サイズ(OM?)
 ・初メイプル(サイド&バック)

D-28Papooseの中間のサイズで、弦高もなかなか低めに設定されていて(後で測ってみますが、たぶん2.5mm〜3mmの間ぐらい?)とても弾きやすいです。
国産ギターは、最初から弦高が低めにセットされているということです。

まずは、いきなり弦をEXP16に替えて、と(笑)

弾いてみて感じるのは、材質の違いからか、D-28(ローズ)ともPapoose(マホガニー)とも、かなり違う感じの音がします。
試奏はしましたが、お店もざわざわしていたし、いつもの環境でないのであまり気づきませんでしたが、家でいつものように弾いてみると全然違います。
なんていうんだろうか、マホのように明るく軽快な感じでもなく、ローズのように深く染み渡るような感じでもなく、音が丸いっていうかトロンとしてるっていうか・・・まあ、、、いつか聞いてみてください(笑)

もう少し弾いてみないとまだまだ分からないけど、とにかくこのギター、気に入りました!(^^♪満足満足
あとは、いかにして録音すればいいか、それを研究しないといけないですね。ライン出力の動画ができたらいいんだけど、やり方がまだ不明です。要研究。
posted by taka at 15:27| Comment(25) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

試奏

試奏・・・試しに演奏すること。
これが合っているのかと、ネットで"辞書 試奏"の検索をしてみると、面白い記事にたどり着きました。

>そんなわけで、初心者は店の前を五往復くらいして店内に入り、
>目当てのギターの前をまた六往復し、店を出て三往復半したあと、
>覚悟を決めて再び店内に入り、「こっ。これくださいっ」などと
>いう買い方をしてしまう。
>「弾いてみますか」の言葉に「いっ。いやいや。けっ、結構」な
>どと痙攣した顔で答えることになるのだ。

まったくもってその通り(-_-;)
僕の場合は、店の前を一往復半でしたけど(笑)、時間なかったし。

で、なんでこの話題かというと、ついに一昨日、初試奏したのでした。

そもそもは、J-Guitarで、CPXを置いてあるお店を探したところ、某楽器店にあるようだったので、APXCPXの違いなどを質問してみたら、CPXは人気で在庫がなかなかない、とのことでした。
そうなのかー、なんて思っていると、数日後、1本在庫があったのでとりあえずYAMAHAから取り寄せました、3日間予約しておきます、なんてお返事があったので、買いたいつもりはあったものの、試奏はなぁ、、、と思っていましたが、そうも言ってもいられないので、試奏することに。。。

会社が終わってから、ギタリストの聖地(?)、御茶ノ水へ。

上記記事にある"獅子舞頭"ではないけれど(アコギのフロアだけに)、やはりミュージシャン風のお兄さんに声をかけてみるとさっそくギターを持ってきてくれました。
また、せっかくならと思い、事前にメールでTakamine TDP-512も比較したいと言ってあったので、それも持ってきてくれました。

持ってくるとさっそくお兄さんはアンプ(Roland AC-60→鋭くチェック)につなぎ、おもむろに5F、7Fあたりのハーモニクスをポーンポーンと鳴らし、チューニングしていきます。おぉ、プロっぽい(^^♪
かなり回していたので、今まで誰も弾いていないな、と感じました。
ある程度合ってくると、本体のチューナーを使って合わせ、「できました」と座らされ・・・はい、どうぞ、って感じで。
「ほぉー」と思いつつ見ていたので、何を弾くべきか考えていませんでした。

とりあえずダラーンと弾き下ろしてみたものの、どうしたもんか・・・
無意識に押さえたのは0-9-8-9-0-0、「Dear・・・」でした。
もちろん、必死に練習(笑)するわけにもいかないので、前奏だけゆっくり弾いてみると、自分が弾いている音がスピーカーから流れてくるとはなんとも不思議なもので、なんとなくいい気分。
お兄さんと話しながら「桜・咲くころ」の前奏も弾いてみたり、なぜか「Indigo Love」のサビにいってみたりと、特に考えずに10分ぐらい触っていたでしょうか。
CPXAPXの違いなど改めて聞いてみると、「ラインを通してしまえば同じですが、生音はCPXの方が全然いいですね」とのこと。基本的に生音(というか、アンプないし^_^;)なので、APXは除外して、次に気になっていたTDP-512を挿してもらいました。

ちょっと弾いてみると、うおっ、これは弾き易い!
「こりゃ弾き易いですね!」と聞いてみると「Takamineは弦高が相当低いですからね」とのこと。いわゆるベタベタというやつですね。
音質はあまり良く分かりませんが、売りにしているアンプの真空管レベルを上げていくと音にすごいブーストがかかります。
こっちにもかなり惹かれました。

あとは、CPXのピックアップはコンタクトでメイン1つとサブ2つが入っている点、Takamineはピックアップは1つだが、サウンドホールにマグネティックを渡してつなぐこともできる点(CPXは追加できないらしい・・・追加しないし^_^;)など説明を受けました。
金額的には差額は1万以内(Takamineの方がちょっと高い)、さあ、どうするべきか。。。

「ところで、この(CPX)ピックアップって、トップを叩く音は拾いますか?」
「たぶん、そんなに拾わないとは思うんですが、、、(ボリュームを上げる)、、、あ、でもちょっと音量を上げると、どうしても拾ってしまいますね、どうしても気になるようであれば、サブピックアップの方を下げれば、、、」
という応答。
どうやら彼は勘違いをしているらしい。いや、勘違いしているのは僕(たち?)の方だろうか?(笑)
コンコン、ドンドン、を拾わなきゃ、意味ないじゃん!(^_^)v

あとは、ケーブルを抜いて弾いてみると、生音はCPXの方がいいように思える。やはり厚みがだいぶ違うので、CPXの方がアコギとして使うにはいいんじゃないかな、、、そんな風に思って、結局決まりです。

何が?

クリスマス・プレゼント。
今夜届きます。
うちのサンタは、緑に黒い猫が書かれた制服を着てやってきます。
続きを読む
posted by taka at 15:12| Comment(8) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

弦交換!実家ギターにD'Addario EXP11 Bronze(LT)

忘れないうちに書いておきます。
土曜に実家に行き、さすがのエリクサーも錆びてきていたので、弦交換しました。
今回は、Papoose用に買ったD'Addario EXP11 Bronze(LT)。
Papooseは結局、EXP16にするので、これを使用しました。

記事を振り返ると、このエリクサーは、なんと2006/3/11に交換したもの・・・なんと1年と10ヶ月も経っているではありませんか(゜o゜)
そんなに弾かないギターとはいえ、この持ちは脅威的ですね。
posted by taka at 23:43| Comment(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弦高

さて、昨日の続きですが、せっかく削ったサドルなんでさっそくセッティングしました。
サドルを変えるときは、弦を交換しないとできないと思っていたのですが、弦を緩めて、カポで固定すれば交換しないですむとkazuoguさんに教わりましたので、そのようにしました。


その前に…


かねてより気になっている弦高を再度測ってみることに。

だいたい5mm、という報告でしたが、フレットの上からちゃんと測ると、1弦6弦ともに4mmちょっとのようです。
Before-6.jpg
Before-1.jpg
Martinは弦高が高めで、デフォルトだと4mmぐらいと聞いたことがあるので、異常ではないのかも知れません。


で、交換後ですが…


おぉ、3mm…だいたいイメージ通り。
After-6.jpg
After-1.jpg
で、弾いた感じは…


ひ、弾きやすい…(T_T)ノ


レギュラー系の、「風の詩」「桜・咲くころ」(また覚えなおしました)なども当然ながら、「太陽のダンス」のようなH-Pの多い曲は、より弾きやすく感じます。
これが弦高調整の結果か。。。

ちゃんとしたお店に頼もうかとずっと悩んでいた次第ですが、ギターが一応借り物ということもあり、このような対処になりました。
やってみて良かった。

太陽のダンス」は、今までが高かったこともあり、若干6弦がビビるように感じましたが、極端には下がっていないと思うので、当面はこれでやっていきます。
posted by taka at 23:34| Comment(8) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

今週末は有意義でした♪

この週末は久しぶりにギターに多く触ることができました。
それから、ニューアイテムをいくつかゲット。
さらには、あることにチャレンジしました!


<その1>
先週サウンドハウスに発注していたのがきました。
弦はいつものEXPなんで、それ以外を紹介しましょう。
gears.jpg
まずはNSカポ(写真左上)。
今まではSHABBのC1(写真右上)を使っていて、なかなか使いやすいんですが、非常に各方面で評判がいいので買ってみました。
まだほとんど使っていないので、インプレッションは次回。
前のが黒なので、今回はクロームにしてみました。
買って初めて知ったんですが、NSカポってダダリオが出しているんですね。

それからチューナー(写真右下)。
今のはKORG(写真左下)でとてもいいのですが、うちにはメトロノームがなく、練習にあったほうがいいな、なんて思っていたので探していたら、メトロノーム機能のあるチューナーを見つけたので買ってみました。
メーカーはSEIKOです。バックライト付きなので、これなら暗いステージでもチューニングできます>使わないだろ(笑)


<その2>
右手親指と人差し指の腹を負傷しました(-_-;)
damage.jpg
水ぶくれができて、破水(笑)
なぜかというと・・・


<その3>
ついに、やってしまいました。
サウンドハウスにもう1つ注文していたのは、
saddle.jpg
サドルです。
TUSQという、人工象牙です。
下が28純正のサドルで素材は・・・なんだろう?ゴムみたいというのは言いすぎですが、柔らかい感じの素材です。
対して、上がTUSQのサドル。
机の上におくと、「ピキーン」という、とても硬い音がします。
通常のサドルからこれに変えるとかなり音が変わるらしく、ネットで調べてもなかなか評判がいいようです。

ですが、僕の場合、音を変えたかったのではなく、サドル自体を下げてみよう、と思ったわけで。
700円ぐらいだったので、ダメ元で購入してみました。

とりあえず純正と並べたところ、ほとんど形も同じ、大きさも同じでした。厚みはちょっとあったので、まずは厚みをちょっと削ることと、高さはとりあえず2mm削ることを目標にしました。

紙やすりがけをすること、約1時間。
やっぱり、素材が硬いだけあって、なかなかハードです。
それで指を負傷したと。

記事が長くなるので、その後は次回にしますね。
とりあえず、今日はこんなところで(^o^)丿
posted by taka at 23:30| Comment(4) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。